8. GIH ダイアログ

When your new animated brush is created, it is displayed within the image window and you would like save it into a gih format. You select FileSave as… menu, name your work with the gih extension in the new window relevant field and as soon as you pressed the Save button, the following window is displayed:

図7.18 アニメーションするブラシの構成を記述するダイアログ

アニメーションするブラシの構成を記述するダイアログ

GIMP ブラシパイプ形式の画像を保存する際に現れるダイアログ


このダイアログウィンドウのオプションはわかりにくそうですが、 これらはブラシをアニメーションさせるために必要な指定項目です。

間隔 (パーセント)

間隔とはポインターでなぞった描線上に並べられるブラシの刻印の互いの間隔のことです。 これはどんな描画ツールであっても、 ブラシをスタンプのように考えてください。 間隔が狭い場合はそのスタンプが互いに近づいて重なるので連続した描線に見えます。 逆に間隔が広い場合はスタンプが離れて並びます。 その良さは色ものブラシ (ピーマンみたいなもの) でわかります。 この値はブラシの直径を基底とする 1% から 200% までの範囲で指定できます。 100% がブラシの刻印ひとつぶんです。

説明

これはブラシにつける名前を記入するところで、 ブラシダイアログ上では 一覧で表示 モードなら各ブラシの右側に、 並べて表示 モードならば選ばれたブラシについてのみダイアログの上部に表示されます。

セルサイズ

That is size of cells you will cut up in layers. Default is one cell per layer and size is that of the layer. Then there is only one brush aspect per layer.

たった 1 層の大きなレイヤーを細かくセルに分けて、 アニメーションするブラシの様々な相に割り当てることが可能です。

For instance, we want a 100×100 pixels brush with 8 different aspects. We can take these 8 aspects from a 400×200 pixels layer, or from a 300×300 pixels layer but with one cell unused.

セル数

これはレイヤー 1 層あたりのセル数を定めます。 1 つの相に 1 個のセルが必要です。 既定では 1 つの相に 1 層だけレイヤーがあるとみなすので初期値はレイヤーの数と同じになります。

表示方法

この表示はセルをレイヤーに配置する様子です。 たとえばもし 4 層のレイヤーを使ってそれぞれに高さセルを 2 つ置く割合にすると、 この表示は 1行2列(各レイヤー) となるでしょう。

次元; 並び; 及び選択モード

これらは結構複雑です。 まずはセルとレイヤーの関係とその配置について説明するところから始めましょう。

GIMP starts retrieving cells from each layer and stacks them into a FIFO stack (First In First Out: the first in is at the top of the stack and so can be first out). In our example 4 layers with 2 cells in each, we'll have, from top to bottom: first cell of first layer, second cell of first layer, first cell of second layer, second cell of second layer, …, second cell of fourth layer. With one cell per layer or with several cells per layer, result is the same. You can see this stack in the Layer Dialog of the resulting .gih image file.

つぎに GIMP はこのスタックをコンピューター式配列に記録します。 この配列は 1 次元から 4 次元までの 次元 に示された数値を用います。

コンピューター科学での 3 次元 (3D) では配列が myarray(x,y,z) のような形式になります。 2 次元を想像するのは簡単でしょう。 つまり紙の上の行と列の配列のことです。

3 次元の配列では行や列とは言わず 次元並び といいます。 第 1 次元は x 軸、 第 2 次元は y 軸、 第 3 次元は z 軸のことを指しています。 それぞれの次元にセルの並びがあるのです。

To fill up this array, GIMP starts retrieving cells from the top of stack. The way it fills the array reminds that of an odometer: right rank digits turn first and, when they reach their maximum, left rank digits start running. If you have some memories of Basic programming you will have, with an array(4,2,2), the following succession: (1,1,1),(1,1,2),(1,2,1),(1,2,2),(2,1,1),(2,1,2),(2,2,2),(3,1,1),…, (4,2,2). We will see this later in an example.

各次元にそれぞれ桁数のように並びの数値を与えられるほかに、 これらには 選択 モードも与えられます。 使えるモードはつぎのとおり。

Incremental

指定された次元から次元上での順序に従って位を選びます。

Random

与えられた次元から無作為に位を選択します。

Angular

与えられた次元から位を選ぶときにブラシが移動する方角を参考にします。

The first rank is for the direction 0°, upwards. The other ranks are affected, clockwise, to an angle whose value is 360/number of ranks. So, with 4 ranks in the concerned dimension, the angle will move 90° clockwise for each direction change: second rank will be affected to 90° (rightwards), third rank to 180° (downwards) and fourth rank to 270° (-90°) (leftwards).

Velocity, Pressure, x tilt, y tilt

これらは高度なタブレット描画のためのオプションです。

1 次元のパイプブラシ

「おいおい! そんなの何の役に立つの?」 答え: この例はこれからだんだんとグレードアップします。 次元も上げていきますから効果的なブラシもちゃんと作れます。

まずは 1 次元ブラシからはじめますが、 これでも選択モードのはたらきがわかるようになります。 下図のような配列を思い起こしてください。

順を追ってゆきましょう。

  1. Select FileNew… from the main menu.

    Set Width and Height for example to 30 pixels.

    In the Advanced Options, set the Color space to RGB color and set Fill with to Transparency.

    Using the Text tool create 4 layers 1, 2, 3, 4. Delete the background layer.

  2. Select FileSave… from the main menu to first save your image as an .xcf file to keep its properties.

    Select FileExport As… from the main menu to export the image as an animated brush with the .gih extension.

    Export the image with a .gbr extension in the brushes directory in your personal GIMP folder. The location of this folder depends on your OS:

    • Linux: /home/user_name/.config/GIMP/2.99/

    • macOS: /Users/user_name/Library/Application Support/GIMP/2.99/

    • Windows: C:\Users\user_name\AppData\Roaming\GIMP\2.99\

  3. In the Export Image as Brush Pipe dialog, provide a Description, set the Spacing (percent) to 100, set the Cell size to 30×30, set Dimension to 1, and set Ranks to 4, and the Selection dropdown to incremental. Then click the Export button.

  4. In the Brush Dialog, click on the button Refresh brushes .

    Your brush appears among the other brushes. You can use it immediately, without restarting GIMP.

    Select your brush. Select pencil tool for instance and click and hold with it on a new image:

    数字の 1 と 2 と 3 と 4 が順番通りに並んでいる

  5. Take your .xcf image file back and save it as .gih setting the Selection dropdown to random:

    数字が順不同に並ぶ

  6. Now set the Selection dropdown to angular:

3 次元のパイプブラシ

さていよいよ 3 次元のアニメーションブラシをつくるところまで来ました。ブラシの方角によってブラシの刻印の向きを変えつつ左手と右手を交互に描き、 黒か青に無作為に色変りするブラシにします。

The first question we have to answer to is the number of images that is necessary. We reserve the first dimension (x) to the brush direction (4 directions). The second dimension (y) is for Left/Right alternation and the third dimension (z) for color variation. Such a brush is represented in a 3D array myarray(4,2,2):

There are 4 ranks in first dimension (x), 2 ranks in second dimension (y) and 2 ranks in third dimension (z). Thus there are 4×2×2 = 16 cells. We need 16 images.

  1. 第 1 次元 x の形象を作成

    Open a new 30×30 pixels image, RGB with Transparent Fill Type. Using the zoom draw a left hand with fingers upwards.[2] Save it as handL0k.xcf (hand Left 0° Black).

    Open the Layer Dialog. Double click on the layer to open the Layer Attributes Dialog and rename it to handL0k.

    Duplicate the layer. Let visible only the duplicated layer, select it and apply LayerTransformRotate 90° clockwise. Rename it to handL90k.

    同様にして左手180黒左手-90黒も作ります。

  2. 第 2 次元 y の形象を作成

    この例題では第 2 次元に 2 つの位を置き、 1 つめに左手を、 2 つめには右手を割り当てます。 左手の位はもうできています。 水平方向の鏡像反転を利用して右手の形象をつくりましょう。

    Duplicate the handL0k layer. Let it visible only and select it. Rename it to handR0K. Apply LayerTransformFlip Horizontally.

    同様に左手のレイヤーから相応する右手のレイヤーを作ってください

    Re-order layers to have a clockwise rotation from top to bottom, alternating Left and Right: handL0k, handR0k, handL90k, handR90k, …, handR-90k.

  3. 第 3 次元 z の形象を作成

    第 3 次元 z の形象を作成: 第 3 の次元には 2 つの位を設け、 ひとつは黒くもうひとつは青く塗ります。 黒の第 1 の位はもうできています。 しかも第 3 次元の形象はいずれも第 2 次元の形象を複製して青色に変えればできあがることはもうおわかりですね。 以上で 16 枚すべての形象が出揃うことになります。 しかし 16 ものレイヤーの列は管理がたいへんです。 そこでレイヤーに 2 つづつ形象を収めるようにしてしまいましょう。

    Select the handL0k layer and let it visible only. Use ImageCanvas Size… to change the canvas size to 60×30 pixels.

    左手 0黒のレイヤーを複製して、 複製レイヤーの掌を塗りつぶしツールで青くします。

    そうしたら移動ツールを起用してください。 ツールオプションの アクティブなレイヤーを移動 にチェックを入れます。 青い掌をレイヤーの右側の区画に、 拡大ズーム表示の助けを借りながら正確に置いてください。

    Make sure only handL0k and its blue copy are visible. Right click on the Layer Dialog: Apply the Merge Visible Layers command with the option Expand as Necessary. You get a 60×30 pixels layer with the black hand on the left and the blue hand on the right. Rename it to handsL0.

    他のレイヤーに対しても同じ手順を繰り返してください。

  4. レイヤーを順番通り並べます

    Layers must be set in order so that GIMP can find the required image at some point of using the brush. Our layers are yet in order but we must understand more generally how to have them in order. There are two ways to imagine this setting in order. The first method is mathematical: GIMP divides the 16 layers first by 4; that gives 4 groups of 4 layers for the first dimension. Each group represents a direction of the brush. Then, it divides each group by 2; that gives 8 groups of 2 layers for the second dimension: each group represents a L/R alternation. Then another division by 2 for the third dimension to represent a color at random between black and blue.

    もう一つの方法は配列を視覚的に表現してみることです。 先に示した見方との相関図を下に示します。

    GIMP はどんなふうにしてこの配列を読み込むか?: GIMP が最初に読み取るのは第 1 次元です。 例題では angular (ブラシ方向: たとえば 90 度) に結びつけてプログラムされています。 90 度の位をみると、 黄色で示した第 2 次元では incremental 選択によって左右の転換をしています。 そして第 3 の次元では、 無作為に色を選択しています。 よって最終的にレイヤーの順序は次のようにしなければなりません。

  5. Voilà. Your brush is ready. Save it as .xcf first, then export as .gih with the following parameters:

    • 間隔: 100 パーセント

    • 説明:

    • Cell Size: 30×30

    • セル数: 16

    • 次元: 3

      • 第1次元: 4桁、 選択: Angular

      • 第2次元: 2桁、 選択: Incremental

      • 第3次元: 2桁、 選択: Random

    Place your .gih file into the GIMP brush directory and refresh the brush box (see steps above). You can now use your brush.

    図7.19 例題のブラシを用いて楕円選択の境界線を描画した結果を示す。

    例題のブラシを用いて楕円選択の境界線を描画した結果を示す。

    このブラシの左手と右手はかわるがわる入れ替わり、 無作為に黒と青の色変りが起こり、 ブラシの方向は 4 つの方角に従っている。




[2] Ok, we are cheating here: our hand is borrowed from https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Stop_hand.png.